ストマックケア低脂肪ってなーに??

2/2

第2回

犬用 ストマックケア低脂肪 ~開発は獣医科大学教授と連携~

研究開発センターOさん 2020.12.25

今回は、「ストマックケア低脂肪」の開発を担当した、Oさんに話を聞くよ!
研究開発センターのOさん、はじめまして!

シュウ

はじめまして、シュウ君。今日はつくばの研究所まで来てくれてありがとう。

Oさん

とっても自然豊かで、わんちゃん、ねこちゃんだけでなく、豚さんや鶏さんもいるんだね!

シュウ

そうだよ、ここではいろんな動物のごはんの研究開発をしているんだよ。

Oさん

ところで、今回のごはんは大学の先生との共同開発と聞いたんだけど?

シュウ

良く知っているね!そう、このごはんは「ストマックケア」と同様に、獣医科大学の獣医師の先生と共同開発したんだ。

Oさん

日本の大学の先生と一緒に、日本のわんちゃんのためを思って作ったんだね!

シュウ

先生とは困っているわんちゃんのために最適なフードについて、何度も相談を重ねてきたんだ。
「ストマックケア」の開発では試作品を30種類以上作って、延べ230頭以上のワンちゃんに給与して消化の速さを確認したんだよ。

Oさん

朝早くにごはんをあげても、胃が空っぽになるのは10時間以上経ったあとだから、夜遅くまでかかって大変だったんだ。
でもこの時得られたノウハウが、今回の「ストマックケア低脂肪」にも活かされているんだよ。

Oさん

なんか、話を聞いているだけで大変さが伝わってくるね~。

シュウ

次回も研究開発センターで行った、ごはんの原材料選びや栄養素の設計について聞いてみるよ。

「どうぶつ病院宅配便」をご検討中の方に、
お得な情報や最新の情報をお届けします!

メルマガ登録

キャラクターの紹介

  • シュウくん

    とっても賢いみんなのフードコンシェルジュです。
    これからどんどん飼主さんに情報をお届けし、飼主さんのフード選びをサポートいたします!

  • ジャンヌちゃん

    素朴な疑問を見つけて飼主さんの代わりに質問してくれる頼れるコンシェルジュです。
    どんどん飼主さんにお得な情報をお届けします!

今回ご紹介した商品

犬用ストマックケア低脂肪

消化器疾患の犬の食事管理を目的に開発された療法食です。
消化器疾患に配慮して脂質およびナトリウム含有量が調整され乳酸菌成分・可溶性食物繊維
(フラクトオリゴ糖・難消化性デキストリン)が配合されています。

価格や給与量、原材料および成分関してはこちらをご覧ください。

最新の製品やお得情報が知りたい方はこちら